着物三昧な日々を夢見ながら・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

憧れの先生

先生が来ます!!ということで先週の金曜日にとてもドキドキしながら
日本刺繍をしてきました。とても暑かった日だったんだけど、もしかしたらお洋服姿なのかなと思ったら、草乃先生はきちんと素敵な和装で来ました。。。
はじめて先生のご本に出会った衝撃と同じように、、先生の着姿はあまりにも衝撃的に好みで素敵でした。写真はないので文面で説明していくと、、、紫陽花の絽の半襟に、爽やかでありながらきつすぎない若葉色の色無地の着物。

(7月3日追伸)
無地の着物に紫陽花柄。そして帯は生成りの紬地に6月に咲いてそうな、野花の刺繍だった。どれも色使いが微妙で繊細で本当に素敵でした。そして、、半襟もたっぷりの刺繍だった。バックも刺繍!!と、、刺繍*刺繍で普通ならやりすぎ??というはめになりそうな感じなのに、実際はそんなことなく、本当に素敵な着姿でした。。。あまりにも素敵すぎて、お願いするはずの、先生のサインを忘れてしまった。。

今度は秋か・・・待ち遠しいけど、先生の着姿は今からまた楽しみ!

スポンサーサイト

PageTop

加藤美紀展と小紋のきもの

先週ヨーコさんとくれまちさんと加藤美紀さんの展示会を見に行ってきました。加藤美紀さんの展示会へ足を運んだのは二回目だけど、いつもレトロでかわいい場所でやるので、素敵なイラストを見ながら素敵な空間を味わうこともできるし、なんか得した気分です。ホント、彼女の絵、好きです。
052506.jpg
ヨーコさんも着物を着たので一緒に写真を撮りました。
天気が悪かったのでやむを得ず木綿きものを選択。帯は仕立て上がりの薔薇帯を締めた。3年前に反物で買ったものなんだけど、やっと帯の形になってはじめて締めてうれしかった!


そして今日。天気が晴れたので夕方急いできものに着替えて・・・でも暦の上では6月1日、まさに単衣に切り替える日だ。こんな日に限って自分が一番着たかったのは先週雨で着れなかった袷きもの。箪笥の中の単衣と麻の襦袢も出してみたけど、やはり違う。夕方という時間帯もあって涼しい気がする!という理由をつけて小紋のきものを着ました。
0601.jpg



実はこの着物、袖がちょっと重いんです。仕立てる際は娘も着られるように袖を長く取っています。今は袖の中に隠れているが、いつか娘が着る時がきたら中振りにして仕立て直すつもりです。それまでに大切に着なくちゃ~!

帯は薔薇柄でグラーデーションが気に入っています。西陣織だそうだがやはり締めやすかった。織の帯はあまり持ってないけど、こういうはんなり小紋を着る時は織の帯のほうが決まる気がするので最近染め帯よりも織の帯が好きになりました。でも、、なかなか気に入るものが少ないというか、地味なのが多いね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。